【メタモルフォーゼ主宰 崎山 仁美略歴】

1999年   創作活動開始

2001年   シャドーボックス協会より資格取得

2003年~  大阪・奈良で教室を開講

2009年   東京八重洲画廊でのシャドーボックス協会公認マスター資格講師

        40名による展示会へ出展

2009~2019年 東京・大阪での日本最大級のシャドーボックス展示会

           「シャドーボックス展」に出展(いずれも丸善出版の作品写真集に

             掲載、全国出版される)

2015年   フランス・パリにて外務省・国土交通省ほか政府関連後援の

「春の日本現代美術展」に選出され出展

2015年   メタモルフォーゼ4教室合同展示会~立体絵の世界~を開催

2017年   東京都美術館で開催された 第51回手工芸作品展において、
崎山仁美の「朝陽の煌めき」が「読売・日本テレビ文化センター賞」を
受賞(200入選作品中第5位)

2018年   兵庫県立美術館において兵庫県政150周年記念行事の一環で、
「全国シャドーボックス講師作品展」に出展

2019年    第7回シャドーボックス展において「原点回帰」が「功労賞」を受賞 ※

2020年    第8回シャドーボックス展において「Garland of Fruit」が
         「シルバーグランプリ賞」を受賞 ※
         
         ※いずれも国立新美術館にて展示
           

アメリカンシャドーボックス